学園前ホール|奈良市西部会館市民ホール

学園前ホールブログ

HOME > 学園前ホールブログ > 「東アジア文化都市2016奈良市」市民連携事業  ~海は人をつなぐ母の如し~

「東アジア文化都市2016奈良市」市民連携事業  ~海は人をつなぐ母の如し~

2016年09月25日(日)

平成28年9月19日(月・祝)に「東アジア文化都市2016奈良市」市民連携事業
 小浜市に伝わる韓国船遭難救護のお話  ~海は人をつなぐ母の如し~ が開催されました。

 

アジア各国の人々と広く深くつながり、それぞれの文化を尊重しながら伝統文化と創造を響かせ、

アジアの平和構築をめざすという主旨のもと、奈良の姉妹都市・小浜に伝わる韓国船遭難救護のお話と

それを題材にした琵琶の弾き語りの催しに、歴史に興味のある方たちが多数聞きに来て下さいました。

スナップショット 1 (2016-10-01 0-51).png

IMG_2155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部は、118年前に小浜市の小さな漁村、泊で実際あった韓国船遭難救護のお話を、

遭難船の第一発見者の曾孫にあたる大森 和良さんがスライドを使って、わかりやすくお話して

くださいました。

地図を大陸側からみる発想はとても新鮮で、朝鮮半島側から見る日本は、近くにある島に見えました。

こんなに近い国同士、もっと仲良くなれないのかなと感じました。

救護した93人の韓国人全員が無事故国に帰れたという話を聞いた時は、胸が熱くなり、心が温かくなるのを感じました。

最後に、大森さんがギターでこのお話の歌を歌ってくださいました。声、歌詞、曲ともすばらしく、

とても感動しました。小さな漁村での知られざる歴史秘話、人と人とのつながりの素晴らしさを感じ

させる講演会でした。

IMG_2161.JPG

スナップショット 2 (2016-10-01 15-59).png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2168.JPGIMG_2171.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩中もお話に興味を持った方たちが、資料に見入る姿が見受けられました。

IMG_2203.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二部は筑前琵琶奏者の川村 旭芳さんがこの史実をもとに、お母様が作詞、ご本人自身が作曲をした『サインパイン号漂流譚~海は人をつなぐ母の如し~』の弾き語りをしました。

情景が浮かんできて聴きいり、この物語と琵琶の音色があい、とても感動しました。

演奏のあとは、川村さんのお母様が作詞するのにご苦労されたお話をしてくださいました。

IMG_2182.JPGIMG_2190.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2197.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終演後はたくさんのお客様が韓国船遭難救護のお話の絵本やCDをお買い求めになられ、

大森さんや川村さんに声をかけておられました。お客様の満足度が伝わってきました。

IMG_2198.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートにも

・良い催しを本当に有難うございました。こういう歴史はぜひたくさんの人に知って頂きたいです。

・海は人をつなぐ母の如しの物語、音楽、大森先生の歌、講演、琵琶演奏などどれも素晴らしく、

   充実のひとときでした。

・民間人の交流とはこんなにも心を打ち、素晴らしいものと実感できた。

   なぜ、今まで表に出てこなかったのか?

・アジアとの深い交流を続けてきた奈良だからこそ、日本中に広げてゆく力があるのではないかと。

   良いお話でした。

・小さな人と人の交流が、確かに国と国の交流を推進するものだと思いました。

   お話を聞いて感動しました。

・外交官(杉浦千畝)によるユダヤ人救済の話やトルコ軍艦(エルトウール号)遭難救助の話は広く

   知られていますが、今回のお話は今まで聞いたことも無かったので大変感動しました。

   国同士の事はむずかしいでしょうが、民間の交流が広まることを願ってます。

・心にじわっと沁みる話で感激しました。もっともっと人々に伝えたい内容です。

・国と国のつながりには国益という政治がからんでくるが、民と民のつながりには心と心のつながりが

   あることを思い知らされた。

・講演の画像、動画を織り交ぜた先生の話し方が良く、とても心にひびきました。

   公演の中のスライドで大陸側から見た逆さの日本地図が鮮明でした。

・ラストの気持ちのこもったギターの弾語り、琵琶語りも非常に良かった。

   万人に伝わるということで、音楽はやはり素晴らしい文化だと思う。

   東アジア文化都市事業に相応しい内容だった。   等々

 うれしいお言葉をたくさん、たくさんいただきました。ありがとうございました。

  

今回の講演を通じて、「文化とは芸術のみならず、古より人々の出会いや交流が活かされ、

長年紡いできたこと、それを後の世代に伝え、編みこむことで出来上がり、

脈々と残っていく有り様ではないか?」と実感いたしました。

 

最後にこの企画にご賛同いただき、『東アジア文化都市2016奈良市 市民企画連携事業』として多大なる

ご協力を頂いた、学園前街育プロジェクト実行委員会のみなさまに深く感謝いたします。 

 

 この公演を見逃した、お客様へ

有料には成りますが、11月26日() 和楽器ユニット おとぎ やまと風雅草紙コンサートの中で、

語りと和楽器による音楽劇 『海は人をつなぐ母の如し』をご披露いたします。

お時間が御座いましたら、是非ご来館下さいませ。

(講演会は行いません。)

 

平成28年10月23日(日)山崎 千裕+ROUTE14bandのコンサートも開催されます。

ぜひお越しください。お待ちしております。