学園前ホール|奈良市西部会館市民ホール

ご利用案内

HOME > ご利用案内

お申し込みの流れ

1.利用のお申し込みについて

  • 受付時間は、開館日の午前9時~午後5時までです。
  • お申し込みは直接利用者または責任者自身がご来館のうえ使用承認申請書を提出してください。
  • 電話、FAX、郵送でのお申し込み、販売を目的とする利用や未成年による申し込み及び仮申し込みはできません。
  • 申込受付期間
    ●ホール…利用日の6ヶ月前の属する月の初日から、利用日の10日前まで
    (連続2日以上利用の場合はその最初の日とします)
    ●楽屋…ホールの申し込み期間と同じ。単独の貸出はしておりません。
  • 受付開始時に申請者が複数ある場合は抽選を行います。
    ただし、利用者が市内の方と市外の方とが競合する場合は、市内の方を優先します。
    また、同一の催し物には申請者は1名とします。受付初日が休館日の場合は、次の開館日に行います。
    ※抽選会について
    毎月、開館日の初日の午前9時30分より受付を行います。
    抽選については、午前10時からとなりますので時間厳守でお願いします。

2.譲渡・転貸の禁止

規定の申し込み手続きに基づくホールの利用は、第三者に譲渡、または転貸することは出来ません。

3.施設利用時間及び施設利用料金

  • 施設利用時間の区分及び施設利用料金は別表「施設利用料」のとおりです。
  • 施設利用時間には舞台(搬入、大道具、照明のセット、音合わせ等の仕込み時間、リハーサル、ピアノの調律等)、楽屋、受付の準備から後片付け、観客、出演者等の入館から退館まで施設利用に要するすべての時間を含みます。時間内にすべてが終了するよう計画してください。
  • 施設利用料は前納です。承認通知後10日以内に納めてください。
    施設利用料の納付と同時に「使用承認書」を発行致します。なお、附属設備等の利用料は利用当日の精算となります。
  • 施設使用承認の取消し
    奈良市西部会館市民ホール条例 第8条の規定により、すでに承認のあった申請について、使用者側の都合で使用を取消される場合は、一切還付できません。ただし、「使用者の責めに帰することができない理由」「その他市長がやむを得ない理由があると認めたとき」は還付できます。
    ●災害などの不可抗力によって使用することが出来なくなったとき…全額還付

4.利用の制限など

次のいずれかに該当するときは、施設使用申請の申し込みを承認せず、また承認を取消し、
もしくは使用の停止をする場合があります。

  • 公の秩序を乱し、または善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。
  • 施設又は附属設備をき損し、または滅失するおそれがあるとき。
  • 施設利用の権利を他に譲渡し、または転貸したとき。
  • ホールの管理上支障があると認められるとき、またはホールの運営上不適当と認められるとき。
  • 偽り、その他の不正の手段によりホール利用の承認を受けた事実が明らかになったとき。
  • ホール設置の目的に反するとき。

5.予約の変更について

既に納められた利用料金は、原則としてお返しできません。
利用しようとする日の属する月の初日前6ヶ月に当たる日から利用日前10日に当たる日(本番に伴わない練習のために使用する場合は、使用しようとする日前3日に当たる日)までの間において以下の理由により変更がある場合は、所定の手続きをしてください。

  • 使用内容の変更
  • 楽屋の使用の追加
  • 附属設備の使用の追加
  • 使用日の追加
  • 使用時間区分の追加
  • 入場料等を徴収しない場合から入場料等を徴収する場合への変更
  • 準備、後片付け又は本番に伴う練習のための使用から通常の使用への変更